FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ムジカ・アムフォン:A.コレッリ、作品全集  

思わず、ポチってしまった、アルカンジェロ・コレッリの作品全集(10枚組)です。
バッハやテレマンの演奏で素晴らしさは実証済みのP.Jan.ベルダー率いるムジカ・アムフォンの演奏なら期待を裏切ることはないだろうと。またコレッリの作品自体が絶対数が少なく、推敲を重ねたまさに音楽の規範ともいえる完成度の高いものばかり、それがCD10枚に収まり、まったく無駄がないです。録音は程よい残響で各楽器が明瞭に聴ける。

コレッリ BOX
アルカンジェロ・コレッリ作品全集10枚組 
ピーター・ヤン・ベルダー&ムジカ・アムフォン
2004年、ブリリアント・クラシックス


まずは各盤をチョット聴きしてみた。トリオ・ソナタ(教会ソナタ、室内ソナタ)にはじまり、唯一コレッリの管楽器作品とされるトランペットと2つのvl、通奏低音のためのソナタが見事、続いて名作ヴァイオリン・ソナタ集、合奏協奏曲集と収まっている。
まず、何といってもvl奏者の手腕が不可欠だが、これまで数多の録音がされた古楽演奏のトップに位置する内容でしょう、洗練された装飾演奏も期待どおり楽しませる。そして通奏低音も重要、チェロ、オルガン、チェンバロ、テオルボほかリュート属が曲に応じて適宜組み合わされ、和音楽器は一小節ごとに宝石を散りばめたようなリアライゼーションを奏でていく。
楽譜に残っているのはソロ楽器の旋律の骨格と和音を示す数字が添えられたバス旋律のみ、当時はコレッリ自身を含め、各楽器のスペシャリストが揃い、はじめて成立した音楽でしょう。これらの全集録音とは偉業と思います。
80年代頃から優れた古楽演奏によるコレッリが聴かれるようになり、さらに磨きをかけた最新の演奏を聴くと、あのクリスマス協奏曲だけでもゾクっとくる素晴らしさ、もはや昔のバロック・ブームの演奏などはまるで聴く価値はないでしょう、こればかりは古いLP盤を掘り起こす気にはなりません;古楽は新しいほうがいい?^^ 
関連記事

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 5

コメント

こんばんは。

コレッリの録音は合奏協奏曲とヴァイオリン・ソナタに偏っていて、トリオ・ソナタの録音はあまりありませんね。

私はコレッリの楽譜の指示にある通り、ヴィオローネやチェロとアーチリュートをダブリングさせていない演奏を探しているのですが全く見つかりません。

黒羊 #FynsjLCE | URL
2014/01/27 19:25 | edit

黒羊 さん こんばんは

>コレッリの楽譜の指示にある通り、ヴィオローネやチェロとアーチリュートをダブリングさせていない

このコレッリの指示はそれぞれの楽器の役割りの指示でしょうか、もう少し詳しく教えていただけますでしょうか。

michael #xNtCea2Y | URL
2014/01/27 20:18 | edit

ペトルッチのライブラリを確認してヴァイオリン・ソナタと混同していた事に気付きました。申し訳ありません;

ただ、現在は二つのヴァイオリンと低音擦弦楽器、撥弦楽器、鍵盤楽器の5人で演奏される事が多いのですが、楽譜の指定は・・・

op.1:二つのヴァイオリンと、ヴィオローネもしくはアーチリュート、通奏低音(確かオルガンの指定)

op.4:二つのヴァイオリン、ヴィオロンチェロと通奏低音という編成で、通奏低音(VIOLONE O CIMBALO)

となっています。

私はあまり沢山の楽器を駆使するよりもシンプルな編成による演奏が好みなので、現在の多くの演奏は少し過剰に聴こえる事があります。

黒羊 #FynsjLCE | URL
2014/01/27 21:21 | edit

補足ですが・・・

コレッリのヴァイオリン・ソナタは「ヴァイオリンとヴィオローネもしくはチェンバロ」という指定なので、そもそもトリオ・ソナタの編成の件と混同しようがないですね・・・;

ヴァイオリン・ソナタは最近、ヴァイオリンとチェンバロだけによる演奏が少しづつ出て来ています。
ただ、ヴィオローネ(バス・ヴァイオリン?チェロ?)との二重奏はまだ見たことも聴いたことも無いので、是非聴いてみたいですね。

黒羊 #FynsjLCE | URL
2014/01/27 21:58 | edit

通奏低音楽器

黒羊さん 大変詳しく、ありがとうございます。
コレッリは好きでいろいろCDなど集めましたが、通奏低音楽器の組み合わせは皆、多様ですね、T.ピノック率いるトリオ・ソナタではテオルボがバス旋律を弾き、+オルガンでvcなし、という録音がありました、M.ハゲットによるvlソナタ集では、vc一本だけ(vlとバス旋律だけ)という演奏や、アーチリュート一本だけ、チェンバロだけ、あとは複数組み合わせで曲ごとに変えていました。A.マンゼによるvlソナタ集は全曲チェンバロのみでした。もうひとつ演奏者忘れましたがvc一本のみで重音奏法で和音を加えているのもありました。コレッリの指定を意識した編成もあるのかもしれませんが・・私もじっくり調べてみたいです。

michael #xNtCea2Y | URL
2014/01/27 23:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/495-2399f422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック