FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

回想、連続聴きⅡ:ハイドン交響曲第86番  

さて、回想、連続聴きレビューⅡ、今日は永遠の傑作、ハイドン交響曲第86番です。すっかりハマり、日中も頭から曲が離れないほどでした^^これも古い順に以下のとおり、並べてみると思っていたより少ないかな;
幸い86番はハイドンの自筆譜が公開されています→Symphony No.86 Full Scores
活版印刷は無味乾燥だが、自筆譜には表情があるんですね。

B.ワルターのハイドン86番
ブリュッヘンのハイドン86番
フィッシャーのハイドン86番
B.ドラホシュのハイドン86番
T.ファイのハイドン86番
R.グッドマンのハイドン86番
クイケンのハイドン86番
アーノンクールのハイドン86番
追記:カラヤンのハイドン86番
鈴木秀美、ハイドン86番
N.マリナー:ハイドン86番
B.ヴァイル:ハイドン交響曲86番
Van ワース:ハイドン交響曲86番
S.ラトル:ハイドン交響曲86番
K.ザンデルリンク:ハイドン交響曲86、87番 LP
ヒュー・ウルフ:ハイドン 交響曲第86番
B.ハイティンク:ハイドン交響曲第86番(ライヴ) 
C.デイヴィス:ハイドン交響曲第86番 LP

hay 86

さて、これらの盤でもともと倉庫に眠っていたのが、ワルター、ブリュッヘン、ラトル盤でした、これらで目覚めて次々聴きだしたのですが、いま最も紛失したくないのをピックアップすると、ワース、S.ラトル、ハイティンク、C.デイヴィス、続いて、ブリュッヘン(旧盤)、グッドマン、アーノンクール、鈴木秀美、ヴァイル、といったところですね。また素晴らしい新盤が出てくるのを楽しみにしたいです。
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/499-0520194a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック