Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

昔の趣味:リコーダー  

私が一番長くやっているのはリュートですが、始めはギターでした、しかし、クラシックギターの主なレパートリー、タレガ以後に自ら取り組む気が起らず、自分が好きなのはバロックだったので、ふとリコーダーを吹いてみたくなり、A=440のプラスチック製で独学練習を開始、いつの間にかアルトリコーダーの運指を覚え、楽譜を見れば大方、指が動くまでにはなりました(今は完全に忘れましたが;)、ギター仲間に伴奏譜を渡し、ギターそっちのけで、バロックの小品を楽しんでいました。しかしその先へ続くには独学じゃ無理で中断、今一本持っている楽器も記念的コレクションにすぎません。上手く吹ければ魅力なんですけどね;

タケヤマ リコーダー
竹山 アルト(メープル)A=415 

幼少のころから、おそらくラジオ放送で耳にしていたバロックのリコーダーの音には理屈抜きの愛着があり、学校で吹くリコーダーとはまったく別物でした。今でもヘンデルやテレマンのリコーダー作品は魅力な鑑賞対象ですし、バッハのブランデンブルク、2番と4番もフルートが代奏しているのは好きじゃありません。
その後もギターに本腰を入れることなく、リュートを手にしたしだい、リュートへの思い入れはリコーダーとは違った角度からになります、これは大人好みの音でしょう。タブラチュアを読む、というのもいつの間にか自力で馴れていました、好きなことはこんなもんですが、好きじゃないことは百回教えられても覚えられません^^;
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

コメント

自然体

そうでしたか。人間の趣味嗜好というのは、私は変わってくるものだと思います。自分もそうでした。ギターを始めたはいいが、ソル、アグアド、ジュリアーニ、タレガ、ここまでです。それ以後に開拓された音楽に全く興味なし。ついには、バッハ、ヴァイス、ヴィゼー等に傾倒し、バロック三昧に。

最近は、自分だけの時間、音楽に真摯に向き合う姿勢のほうが(ちょっとネクラかな) 自然と自分のライフスタイルに合っていますね。

 食の好みも、若い頃のような肉、肉よりは、あっさりとしたベジタリアン嗜好に変わってしまいました。より淡白になったというか。

 私は、人間というのは、年とともに、こだわりも、欲望も、俗物的なことからも離れて、余分なものを捨てていくことのほうが自然ではないかなと、最近思うようになりました。

白くま #r3zLkTzU | URL
2014/02/27 20:13 | edit

白くま さん こんばんは

絞り込みが出来てきたライフスタイル、そのまま突き進めばいいと思います。若い頃というのはいろいろ無駄をやってきたと思えますが、やり直しができたとしても、やっぱり同じことになりそうです;時が経たないと自分に何が必要かわからないですね。

michael #xNtCea2Y | URL
2014/02/27 21:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/523-d6460577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック