FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

スウィトナー、Moz 39.40.41  

オットマール・スウィトナー指揮、シュターツカペレ・ドレスデン
73~75年ドイツ・シャルプラッテン録音

思えばスウィトナーのモーツァルト最後のSym.39~41が揃ってなくて取り寄せました。ディスクの白地の印刷がセンスいい、

moz39 40 41

例によって弦は晴朗なサウンド、だからと言って決して軽い演奏ではなく、常にピリっとした気合いで聴き手を引きつけます。第一ヴァイオリン以外の弦楽や木管などもバランスよく聴こえてきます。私の好きな39番はこのサウンドが理想的、また41番の終楽章は、やや速めのテンポの推進力と合奏の緻密さで、この傑作楽章が凝縮されて聴こえてきます。

この手腕でハイドンも素晴らしい演奏が聴けたはず、N響の放送で、88番、100番、103番、オラトリオ「四季」を聴きましたが、何曲かでも良い録音で残してほしかったですね。
パーキンソン病が原因で1990年に引退されました、思えばN響番組に出た最後の頃には指揮棒の振えが目立ち、インタビューの声にも振えがありましたね、長生きはされたのですが惜しいことです。
関連記事

category: W.A.モーツァルト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/54-204c5f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック