Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

11コースlute、巻弦の廃止  

もう1つの11コース、バロックリュートには低音に巻弦を張っていましたが、やはりオーセンティックな音を出したい。
しかしガット系の低音弦は高価だし、すべて良品とは限らないのが悩みで・・;
師匠からの朗報で、新しく出た大物釣り用のフロロカーボン糸を張ってみました。まさか低音にこれを張るとは思いませんでしたが、

11c 01
11c 02
11c 03

ガット単線よりは細い、ローデドよりは太い、といったところ、素材の質(硬度)がちょうど良いみたいで、短めの余韻で力のある鳴りで良い雰囲気、振動状態も良好、ナットの滑りがよく調弦しやすい。たぶん湿度の影響も受けずピッチの安定もよいでしょう。表面は軽く研磨してツヤ消し状態にしました。
惜しいことに11コースだけはブリッジに巻くのが困難で、ここだけガット系gimpedを張りました。しかし、10コースまではガット系不要といえるくらい音楽的に鳴るんです。もう巻弦に戻すこともないでしょう。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/542-65aad2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック