Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

リュート:PVF低音弦  

昨日は1年以上ぶりのレッスンで桑名市の師匠宅へ伺いました。
PVF弦に張り替えた音がやはり良く、問題に思うところはないと確認し合いました。
使っている銘柄は呉羽シーガーのハリスで「万鮪」ピンク・ラベルです。まさにガットに替わり得る特性を持ち、様々なガットの難点もカバーする、現代の優れ物です。

manyu_201404152322180e6.jpg

この「万鮪」のラインナップがほぼ弦長短めの11コース、フレンチlute(⑥コース以下)に誂えたようにぴったりくるんです。

20140414225721ed3_201404152327530ad.jpg

私は釣りをやらないのでわかりませんが、実際釣りに使うのにこのような細かいラインナップが要るのだろうかと不思議に思います。もうちょっと大まかでも不都合はないんじゃないかと?釣り人の繊細な感触に応えるため、細かく必要なのかもしれませんが。リュート弾きにとってもありがたい、もしかして呉羽の社内にリュート弾きがいたりして?(笑)

使用例

若干太すぎてテンションが高いと思う弦は手作業で細くしていますが、道具は写真のとおり簡単、どうやるかはすぐわかりますよね。気長にやりますが、まず失敗なく均一に削れます。

20140414230930140_20140415232945c1b.jpg
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 3

コメント

「万鮪」をこれだけ揃えるのもいろいろとご苦労されたと思います。
何人かで共同購入できれば
少しは出費が抑えられるのでしょうが・・・・・。

キフツゲート #iCYWN8GU | URL
2014/04/15 22:47 | edit

キフツゲートさん こんにちは

たしかに出費はありましたが、この先、これでいくと決断したら、高価なガット弦を替えていくよりはずっとお値打ちですね、共同購入は皆これが気に入るかどうかと、共通で使える楽器の所有者が揃わないとできないのが難しいですね;

michael #xNtCea2Y | URL
2014/04/16 13:39 | edit

なるほど。
まずはガット弦を試してみて、
それが気に入ったらということですね。

キフツゲート #iCYWN8GU | URL
2014/04/16 22:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/561-8809692a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター