Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

リュートの形状  

ヴァイオリンは遥か昔に形が決まって殆ど変化していません、完成された楽器のようです。構造的にも耐久性が高そうで、弦はエンドピンで止められ、ブリッジは圧力を表板に伝える、表板は一枚の板を削って凸面に膨らみを付け、魂柱によって裏板にも振動が伝わり、エネルギー効率が高く、f字型のスリットがヘルムホルツの共鳴箱の効果も出し、内部の空気が"笛"としても鳴っている。木の弦楽器でこれ以上鳴らすことは出来ないでしょう。ちなみに開口面積が小さくなるほど、空気共振の周波数は低くなります。
19世紀ギターが小振りなわりに遠達性のある鳴り方をするのはヘルムホルツの共鳴箱の原理を十分に活用しているからだと思います、ちょうど⑤、⑥弦あたりの低音に空気共振のピークが合わせてあり、あの内容積と響孔の直径を変更しちゃったら、独特の鳴り方をしなくなるでしょう。その意味で19世紀ギターも形が決まっていると言える。
リュートはどうでしょう、歴史が古いだけに形は決まってよさそうですが、ヤワな表板に直接弦を止め、いかに壊れないように鳴らすか、の歴史だったかもしれません;形は定まらなかったようでじつに様々、面白いですが選択で大いに迷います。ボウルの形状を見ただけでも、正円を半分に切った形、楕円状に浅くした形、これで音のキャラクターが随分変わります。

lute1.jpg
lute2.jpg

音の反射パターンが変るからでしょう、リュートらしい音を作るのには正円のほうが理想かもしれません。
H.フライ、C.ホフマン、J.ティールケなどは正円のタイプ、正面は細長い雫型となり、響孔は小さめが多い、音はすっきり締まった感じ、良く出来た楽器は低音も豊かです。ヘルムホルツの共鳴箱の効果も当然あるはずですが、響孔に透かし彫りがあるので正確な有効開口面積は解りません、どんな彫りを施すかで変ってしまうでしょう。
ティーフェンブルッカー、ライリッヒ、セラスなどに楕円の浅いタイプがありますが奥行きが深すぎて抱えにくくなるのを避ける意味もあるでしょう、正面は幅広で音量があり、開放的な感じ、内容積も大きくなるので、開口は大きいのが自然でしょう、実際大きめの響孔一つか、三つ孔のものが多いです。

rose_201407142146199a0.jpg

タブラチュアという記譜法により、調弦の異なる楽器でも弾けてしまう、そして楽器は不定形、リュートを始めたら一つ二つでは済まなくなり、泥沼化します(笑)

PS.演奏する部屋の反射音も楽器の一部と考えます、吸音壁の施された部屋ではどんな名器も鳴らない安もん同然になります;
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

コメント

リュート形状、誰が製作したかで決まってしまうというのはありますね。
 某先生も製作者の名前で購入すると仰ってます。定評があるということも選択する場合の基準になりますが、プロ奏者の所有楽器とか、その評価をみていると、経過年数のなせる業といえる要素も多いようです。(オリジナルを持っている先生です)
 オリジナルを簡単に入手できない以上、現在定評のある(プロも使用実績のある)楽器を入手することは間違いではないけれど、失敗するリスクもあります・・・難しいですね。
 私は名器と呼ばれるようなものは買えませんが、せめて弾きこみでさらに良く仕上げていこうと決めています。

白くま #SunTsyec | URL
2014/07/15 07:55 | edit

ニコやヤコブの楽器といえども全て良いわけじゃないですね、たまたま良い楽器を試奏させてもらったとき、これは確かに凄いな、と思いました。非常に音楽性豊かで一瞬にして魅了されます。奏者の長年の弾き込みも反映しているかもしれません。
製作家が違っても同モデルで本質を掴んだベストの仕事をしたら、真正何々モデルと言える共通の音がしてくるかもしれない、とも思っています、もちろん作者の個性は出ますが大事な部分として。形だけの模造品はそれこそ作った数だけ違う音になりそうですが;

michael #xNtCea2Y | URL
2014/07/15 19:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/626-14992e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック