Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

LP、復刻CD、聴き比べⅠ  

過去にLPを購入し、気に入ったものは同一録音の復刻CDも買ったというのがかなりあります。
耳慣れたせいもあってか、LPのほうが好ましい音と思うものも少なくないですが、あらためて連続して聴き比べました。今日は前にも書いた、K.リヒター指揮、BPOのハイドンSym No.94&101です。

lp1
101

どちらも同じような音と思っていました、当然ながらだいたいの質は同じですが、これらの場合、LP盤はやや浅い響きでハイ上がりに聴こえ、ボリュームを上げるとヴァイオリンがザラザラうるさく聴こえます。一方CDの方は低域がゆったり聴こえ懐深く、自然で安心感があります、鮮明度も増した感じ。
LPの場合、カッティング・マシンなどの影響もあるかもしれませんね、結果好ましくなったり、逆の場合もあったり。この録音はマスター音源がとても優秀なようで、CDから伝わってきます。

それにしてもこの演奏のBPOは上手い!101番の序奏の弦を聴いただけでホレボレします、木管も上手い、第二楽章では弱音で叩くティンパニもくっきり分離して聴こえます、終楽章の最後の音までビシっときまっています。演奏も録音も緻密、聴く方も緻密に味わおうという気になります^^
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/64-347bd5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック