FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

イータカリーナ星雲  

天文台は郊外の標高の高い所に建設されますが、太陽系もまた銀河系の郊外にあり、宇宙観測には好都合なんですね、星雲の真っただ中にあったら、見晴らしは悪いでしょう。
あちこちに見られるガス星雲もじつに美しいですが、やはりイータカリーナ星雲は圧巻ですね、見られるのは南半球ですが。視野の狭いバッブル宇宙望遠鏡の画像をNASAのスタッフが多数、丹念に繋いだものだそうです。

イータカリーナ2クリックで全画面表示

カンディンスキーなど人間の美術作品を凌ぐ傑作です^^ガス成分の持つ色彩、それを照らす星の色、また夕焼けと同じ原理で赤く見えるところ、など色の調合は複雑、また手前にある暗いガスの塊がシルエットとなり、影絵のような宇宙の奥行きが作り出した美しさもある。イータカリーナ星雲は部分的に見ても星の生れる所、死に行く所、物質宇宙の営みが一望できます。

またこちらはチャンドラがX線で捕えた超新星爆発のあと、コズミックハンドの名で有名ですが、手のひらのX線写真にも見えますね、赤いガスの塊を掴もうとするような。

CACGRZWD.jpg

X線で撮影できるということはエネルギーが高く極めて高温である天体です。手のひらの付け根の明るいところに中性子星があるそうです。爆発のあとどんな理由でこんな形にガスが広がったか不明だそうですが、この"親指"は繊細ですね、ハープやリュートのような楽器を弾けば良い音の出る理想的な指です(笑)
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/657-e9858c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック