FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

LP、復刻CD、聴き比べⅡ  

愛聴盤として復活したフリッチャイのベートヴェン第7番のLPですが、強奏で音がワレるのはわかっていました。しかしスピーカーに耳を寄せると、弱奏でもヴァイオリンがビリビリ歪んだ音がします。盤面が痛んだか、針の追従がわるいのか・・?同録音のCDを聴いてみると、ほぼ同様に歪んでいます、念のため別のシステムで再生しましたが、やはり同じです。マスター音源もこの状態なのでしょうね。60年代初期の古い録音機器というハンディーも認めなきゃいけないし、味わい深い名録音にかわりはないです。

be7f
be07

ヴァイオリンは高音で、松ヤニを付けた弓で擦るという楽器ですから、もともと破壊音的な?複雑な波形が出ていると思います、しかも大勢で弾いています、こういう音はマイクロフォン→再生まで、いろんな段階で、歪が歪を産むような現象が起こりそうで、録音再生の難しい音かと思います。

80年代以後の録音はさすがにクリアになってきますが、それでも歪ゼロのようには聴こえません?・・っていうか、ヴァイオリンはどこまでが生のノイズで、どこまでが録音ノイズかもわかりづらいです、これが弦楽の刺激であり、魅力でもありますが。

まあ、結果として、リスニング・ポジションで支障なく聴ければ問題ないわけで、神経質にならず、楽しみたいです。
関連記事

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 2

コメント

リュートのLP

リュートのLPを引っ張り出してきました。

ユングへーネルで3枚、
・バッハとヴァイスのもの
・ヴァイスの組曲ハ短調、ト短調、前奏曲とフーガ
・イタリアンリュートミュージック

シェファーで1枚
・フレンチリュートミュージック

・佐藤豊彦リュートリサイタル

ゲルヴィッヒで2枚
・バロックリュート曲集
・ルネサンスリュート音楽の魅力

ラゴスニック
・涙のパヴァーヌ

番外編 (?)
・セオンサンプラー
・若き日のジョン・ウィリアムのソルの練習曲

こんにゃく #u2Ong6CI | URL
2012/03/24 17:20 | edit

No title

こんにゃくさん ありがとうございます。

次の機会、シェファーとゲルヴィッヒ、お借りしたいですね。
シェファーのフランスものは絶品です^^

michael #xNtCea2Y | URL
2012/03/24 21:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/67-bd432112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック