FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

クラシック遍歴(1)  

私もクラシックを積極的に聴き出したのが中学~高校あたり、この頃はまだ流行歌などにも興味があり、年末の「紅白」なども見ていた頃だ。一方、幼少の頃から耳に残っているクラシックの魅力の曲があった、しかし題名も作曲者もわからず、レコードの探しようがない、というもどかしさで始まる、千円盤シリーズなら名曲の類は揃っているだろうと次々買いあさる、しかし深く掘り起こすまでには行かない。この頃は曲を聴いた印象、外面くらいしか味わえなかった。
まずはいろんな曲を知ろうとFMのクラシック番組のエアチェックを続ける。ビデオデッキに音声のみ、留守録機能を使って録り溜め、お気に入りをカセットにダビングしていった、VHSビデオデッキはカセットデッキなんかより優れ物でワウフラッターなど起きず、長時間録音できるので重宝した。やがて自分の好きな方向が定まってくる、しかし普通にレコード店に置いてあるものではない、昔は何ヵ月かかるか見当もつかない入荷を待っていた、特にアルヒーフ盤など;
相変わらず、わけもわからず外観的に気に入った曲を楽しんでいたが、少しずつ楽曲の形式をおよそ掴みながら聴くようになった。古典派のソナタ形式の曲などを軸に曲の構成に興味が湧いて、その分楽しめるようになった。
やがて自分でも何か演奏してみたいと思い、ギターを始めたが、主要なレパートリーが興味から外れたものが多く、バロックなどを本格的にやりたくてリュートに手をだす、子供と一緒に鍵盤も少し稽古した。楽器を習うからには和声なども齧ることになり、鑑賞の助けにもなった。
関連記事

category: 複合話題

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/724-0e11de78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック