FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

冬の楽器練習  

今日も日中冷え込んだようですが、リュートの練習は真冬も厄介です。楽器を部屋の暖房にゆっくり馴染ませ、弾き手は風呂で温まります;楽器が冷えた状態でいじらないほうが良いですね、弦が温まると前日調弦したピッチになってきて、わずかな補正で済みます。やたら難しい曲に挑戦すると気が重いですが、今やっている、S.L.Weissの‘L'Infidele は旋律が美しいので楽しくなります。普段、メインに使っている11コースリュートはこれですが、
11c lute
M.オッティガー 2011年
製作後4年弱にして、ようやく鳴りだした気がします。単に指と耳が馴れてきたせいかもしれませんが^^;最低音のCまで深く鳴りだしたような?緩い弦の楽器は材料がこなれてくるのに時間がかかるかもしれません。リュートがどんな具合に鳴っているのか、奏者自身には聴こえずらいところがあります、奏者の耳は響板の後方にあるわけで、他の人に弾いてもらって、本当の鳴りっぷりがわかります、ギターも同様です。

こちらは製作後8年となる、13コースlute、
経年比較2014b 12
M.オッティガー 2007年
8年なんてまだ新品といえる経年ですが、この楽器は褐色化が早いです、リュートの前面は無塗装に近いせいもあります。この楽器もしばらく休ませておいたら、鳴りが眠っている感じがします、人間と同様ウォーミングアップが要りそうです。
・・ワインの「香りが閉じている、デキャンターに移そう」ってのと同じか(笑)
関連記事

category: Instruments

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは。
S.L.Weissの‘L'Infideleを練習されているのですね。
不実の女でしたか、最後のほうの曲が好きで、昔弾いたことあります。この曲は全部通してやってみたいと思いながら、時間ばかりが経過・・・・・。

それにしても、いい飴色に変色してきて、いいですね。
リュートというのは、焦らず、ゆっくりと楽しみ、合わせて楽器の変化も楽しみながら付き合っていくほうがいいのではないかと思っています。

白くま #bUv1BWUs | URL
2015/01/14 19:32 | edit

白くまさん こんばんは

>不実の女
はじめて聴いたときはバッハの組曲より気に入っちゃいましたね、特にミュゼットとペーザンヌは好きな曲です、ミュゼットは後半の転調部分が難しいですが。本当にゆっくりと付き合っています(笑)

michael #xNtCea2Y | URL
2015/01/14 23:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/725-9546d74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック