Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

盤面印刷、入れ違い  

大バッハの又従兄弟である、ヨハン・ベルンハルト・バッハの管弦楽組曲をメインとしたCDを見つけ取り寄せた。2枚組になっていて、CD2にはファッシュ、テレマンなど影響関係にあった作曲家達の同じく管弦楽組曲を集めた、トーマス・ヘンゲルブロック指揮 、フライブルク・バロックオーケストラの演奏だが、こんなことってあるのだろうか、
名の知れたエラート盤だが、CD1とCD2の盤面印刷が入れ違いになっている!;

仮

"CD1"を聴きはじめていい曲だと思いつつ、曲は短調のはずが長調?・・ファッシュの曲だったのだ;ちょっと困惑ぎみなので、レビューはあらためて(笑)
関連記事

category: ルネサンス・バロック

tb: 0   cm: 2

コメント

それはまだ良い方ですよ

CD盤面印刷の間違いなんて、輸入盤じゃザラ。
今まで一番『おったまげた』のは、国内DENONのCDでしたが、チー・ユン嬢演奏のバイオリン協奏曲でメンコン他と、スペイン交響曲他の二枚を購入したら、両方とも同じスペイン交響曲他だった事。
CD盤面印刷も、ジャケ絵も全てメンコン他に成っていたのに、録音されていた曲だけスペイン交響曲他だったと云う凄まじさ。
もちろんレコード店にクレームを入れましたが、店側もビックリ。
メーカー側は承知していた??ようで、交換して貰えましたが、曲名を知らない人だったら、全く違う曲を信じ込んでしまいますよねぇ。

MK #- | URL
2015/01/28 14:42 | edit

MKさん こんばんは

たぶん間違いの起きやすい製造工程なんでしょうね、同様に間違った印刷で多数出回っているでしょう、全部だったり、DENONの件は凄いですね(笑)

>全く違う曲を信じ込んで
まったくです、今回の2枚組は似たような曲が同数入っているので、気づかずに聴いてしまう人もいるかも;通販サイトやWikipediaの解説でさえ、当盤を参考に入れ違いに聴いて書いているように思えるんです?

michael #xNtCea2Y | URL
2015/01/28 21:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/732-e5336838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター