Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ブリッジ  

リュートやギターの弦を止める部分も一応ブリッジと呼ばれます。ヴァイオリン属の場合は胴の底部で弦のテンションを受け止め、駒は弦の圧力のみ受け止める構造になっていて、まさにブリッジ(橋梁)と呼ぶにふさわしい状態かと思います。"駒"というのも挟みこむ木片台のようなイメージです。
リュートの弦は響板上にじかに止められ、弦楽器の構造としても大きく違うようです。
ブリッジというより、エンド・バーとでも言ったほうがしっくりきそう?
ブリッジ
最小限の質量にするため、これ以上大きくできない、うちの楽器でも一度、剥がれ飛んだことがある、そういう意味では"駒"かな(笑)
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/739-93f1c29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック