Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

気分、体調、聴こえ方  

リュートの練習を続けていていつも思うのは、今日はどうも楽器の音がショボくて冴えない、と感じる日がよくあります;楽器も天然素材の物体ですから気候によって不調の日もあるでしょう、また弾き手の体調で指の動作がおぼつかない(これはよくある;)、また耳の要求がシビアーになっていて、ちょっとやそっとじゃ満足できない、なんてことも?

lute play

リュートは丸い指の頭でダブルの弦に触れてはじく、という確実性の低い弾弦法で、音量や音質を整えにくく、指先がガサついていると、足の指で弾いているみないな音しか出ません;
好条件が揃って、今日は調子良い、というのは稀です。調子出ないときもそれなりに、気長にやっていくしかありません。

いつもスピーカーで聴いている音盤、これは聴くだけですが、お気に入りの名録音も、今日はなぜか美しい滑らかサウンドじゃなく、ノイズっぽい音が目立って聴こえる、という日があります、システムにも調子の変動はあるでしょうが、やはり人間の聴こえ方(意識のしかた)の変動が大きいでしょうね。
関連記事

category: 演奏について

tb: 0   cm: 2

コメント

今日は全然鳴らないなあと思っていたのが、ある瞬間から突然鳴り出すことも。単なる心理的なものなのか、それとも本当に鳴り出したのか。
よく分かりません。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2015/03/02 23:41 | edit

奇士さん こんばんは

>ある瞬間から突然鳴り出すことも
私の場合、突然というのは憶えがないですが、練習が終わる頃鳴ってきたなぁ、ということはあります。同じ食べ物でも、美味しく感じるときと、そうでないときとある・・これとはまた違いますかね(笑)

michael #xNtCea2Y | URL
2015/03/03 00:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/755-42f02a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック