Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ソロ・テオルボ  

長く使っていないアーチリュートですが、たぶんルネサンスlute調弦で今後使うことはない見通しです。寝かせっぱなしももったいないので、昨夜はテオルボ調弦に変えるべく、弦箱をガサゴソあさり、張り替えやらフレットの増し絞めやらで夜半までかかりました;
solo te01
短い楽器なので、本来のテオルボ調弦より4度高い、ソロ・テオルボ調弦(1コースがd)にしました、弦計算表とにらめっこしながら弦を探す、
弦計算solo te
ゲージはOKでも長さが足りなかったり、傷んでいたり・・でもなんとか揃いました;
ピラミッド社の巻弦は避け、aquilaのNG、D巻弦、及びPVFで組み合わせ、番外コースは3種混合ですが、音質の違いはさほど出ません。いずれ弦の質はもっと揃えたいです。
solo te02
フルサイズの楽器には及びませんが、テオルボ調弦というのはファンタジックでいい、
solo te00
(普通のテオルボより全体に4度高い)
①、②コースは本来オクターヴ高く張るところ、弦を細くできないのでオクターヴ下げた、と言われますが、これが結果的に近接音程の和音を鮮やかに響かせます、運指も独特です。こんな調弦で曲が弾けるの?と思われそう、でも弾けるんですね(笑)
これでド.ヴィゼに挑戦してみたいです。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

コメント

やってますねえ。
私はジャーマンをアッティオルバットしようかと考えてます(w

単弦仕様なら、ストップ弦は4kg台でも良いかなと思ったり。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2015/03/08 19:12 | edit

奇士さんこんばんは

>4kg台でも
ダブルよりは十分負担減ですね。
私の楽器は弦長の短さもありますが、3kg前後でちょうど良く感じます、強くすると、ペグもその分突っ込まないと緩みやすいですね。
何事もすっかりヤワな手ごたえに馴れてしまったこの頃です(笑)

michael #xNtCea2Y | URL
2015/03/08 23:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/759-d5796807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック