FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

バッハの記憶  

昔、たまたまラジオのスイッチを入れて、何ともいえず良い曲が流れてきた、途中からだけどすぐにカセットテープに入れて、何度聴いてもいい。アナウンスによると「バッハ作曲、ブランデンブルク協奏曲第2番」とのこと。
べつに初めて聴いた感じではないんです、幼いころからラジオなどで耳馴染んでいたバロック音楽の特に良い曲として聴こえてきたわけです。音楽の予備知識なしに、いきなり頭の琴線を響かせた、バッハにはこういう子供のような白紙の頭を共鳴させる力があると思っています。これがバッハ、さらにバロックの数々を積極的に聴き始めたきっかけです。バッハ入門として、いきなり半音階的幻想曲とフーガなど聴かないほうがいいでしょう。
いつもバロックリュートで弾いているS.L.ヴァイスもバッハと交流のあった人です、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタBWV1025は共同作品でその証し。

バッハの何か易しい曲でも楽しめないか、
電子チェンバロが、長く机替りになっている;
子供のピアノのお稽古に付き合って以来、ご無沙汰の鍵盤、
鍵盤
まあ、あと一年弱で暇を作る予定ですから、バッハの"音楽手帳"やインベンションなど易しいのをゆっくりやってみたいです、楽器によって指の筋肉の使い方が違うし、手を伏せた格好で動かす、というのは随分勝手が違います。指は速く動かせないのでまずは装飾音など省略。
リュートでバッハを弾く計画はありません;;鍵盤がいいんです;
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは。

全く仰るとおりなんですね。
まず、バッハでリュート曲(特に、リュート組曲のほう) は、かなり溜息ものですね。自他ともに満足いくような仕上がりになるのは、非常な困難さがあって、私には無理でした。諦めきれずに何度となく挑戦しましたが・・。せいぜいゆっくりベースでなら、999がやっとこさという状態でした。一番弾きたかった995は、はるか雲の上です。時間、労力の無駄と思い知らされました。時間は短いですから、人生を楽しめるような曲に多く取り組んだほうがいいと悟りました。

やはり鍵盤のほうがいいですね。もっともバッハは、鍵盤奏者ですから曲は大抵、鍵盤のほうが合うんだと思うのですね。あとはチェロ、バイオリン属、鍵盤、笛くらいでしょうか。
 あと、リュートでピックアップしながら、困難があっても、やりがいのあるのが、ヴァイスですね。彼の曲は難しくとも、弾きたいという意思を持続できるのです。中には超困難なものもありますが(笑)。

白くま #3L7biczA | URL
2015/06/16 10:07 | edit

白くま さん こんばんは

苦労して仮にどうにかこうにか弾けたとしても、音楽的に満足行かなきゃ意味ないし、報われませんね。
無理のないところで、健康的にやるのが一番かと思います。ヴァイスなら報われる日も来るというところで。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/06/16 21:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/829-508865d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック