Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

冥王星  

私の子供の頃の科学の本には、木星や土星さえ大まかな絵しか載っていなかったし、天王星より遠い惑星はまったくの空想図だった。冥王星もまだ惑星の仲間で小さく描かれていて、衛星の存在は想像もされていなかった。惑星から外されたとは言え、最果ての元惑星がどんな姿か間もなく見られるとは、良い時代に巡り合わせたと思います。

冥王星
現在の予想図

探査機ニューホライズンズは精密な計算でスイングバイを行ったそうで、次々目標の写真を送ってくるので、狙いは確かなようです。下は4月中旬に撮られた画像だそうで、まだハッブルの画像と大して変わりなく見えますが、何しろ直径2368kmの準惑星を1億400万kmから見た様子なので仕方がない;しかし徐々に見えてきた。
002.jpg
 →衛星カロンが周回する動画

最新情報では極冠らしきものが見えるとか、火星ならまだしも全面極寒のはずの冥王星で極冠とはいかなるものか?表面の明暗の差は大きいですね。また冥王星とカロンの大きさ比率は地球と月みたいです、カロンは別に出来た小天体がたまたま重力で捉えられたものか、ここでもジャイアントインパクトがあったのか・・
pluto.jpg
5/29-6/2 約5000万kmの距離から

現在のNASAの予想イラストがほぼ当っているのか?まったく予想外の姿か、予想外のほうに賭けたいですね^^?"Welcome to the Pluto"なんて看板は立っていないでしょう。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 4

コメント

ニューホライズンズは7月14日に冥王星フライバイの予定ですね。
どんな観測結果を送ってくるか楽しみです。

そしてその先、カイパーベルト内の観測も興味津々。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2015/06/28 16:57 | edit

人類は本当にバーレーン放射帯を抜けることが出来たんでしょうか?
トリックでした!なんて後から歴史修正されないことを祈ります。

不可思議なことがありながらも、さて、これからはるかな宇宙の果て近くまで、どこまで観測可能になるのでしょうか、楽しみです。

サイモン #muCx0zgE | URL
2015/06/28 19:27 | edit

奇士さん

探査に成功しても、データを送ったり解析したりで、かなりかかるらしいですね;まずは成功を祈るのみ、ゆっくり待ちましょう。
太陽系外縁は未知の領域ですから期待したいです。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/06/29 18:52 | edit

サイモンさん

ハッブルをはるかに凌ぐ宇宙望遠鏡がほしいですね、100億光年先でもハッキリ見えるような、人類ならいつかやっちゃうでしょう。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/06/29 18:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/839-d93ee4b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧