Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

NASAの宇宙絶景Ⅳ:星が生まれるところ  

我々、天の川銀河と隣のアンドロメダ銀河は40億年以内に衝突が始まり、最後には合体すると予想されています。
→NASA:シミュレーション
銀河の星と星との距離は非常に離れていて隙々、星は衝突することなく、一旦はすり抜け、かき乱され、最後には安定して廻り合うことになります。しかし星間ガスは空間を埋める存在なので衝突で圧縮し合い、濃厚な部分を中心に回転しながら集まってきます。収容しきれなかったガスは上下に弾き飛ばされジェットとなり、中心の温度と圧力が高まると原始星が誕生、
原始惑星系円盤02
想像イラスト
周囲に残ったガスと塵で惑星が生まれる(原子惑星系円盤)。

これは銀河系内のカリーナ星雲で恒星が生れているところ、(カリーナ星雲のこの部分
カリーナ ジェット
ガスの塊の部分からジェットが吹き出している。赤外線撮影すると中心に原始星が見える。

銀河衝突でこれが一気に起こるのがスターバーストです。このNGC4038-4039は2つの銀河が合体し、まとまりつつあるところでしょう、
NGC4038-4039.jpg
→拡大画像:NGC4038-4039
赤い領域は原始星ができたところ、青白い領域は誕生後の若い星々、そして両銀河に元からあった古い星々もたくさんあります。天の川銀河とアンドロメダ銀河も合体直後はこんな姿かもしれません。しかしその後は渦を巻かず、星々はランダムに周回、スターバーストでガスを使い果たして楕円銀河になると予想されています。

ところで回転円盤とジェット、という構造は恒星規模でも銀河サイズでもできるんですね、これらの銀河は中心の巨大ブラックホールがガスを引き寄せ、呑み込み切れなかったガスが上下にジェットとなって銀河の外に物質を放出している。
ケンタウルスA
ケンタウルスA

ヘルクレスA
ヘルクレスA

このジェットの速度は光速に近い凄さです。ブラックホールなど強い重力を持つものほど超パワフルな現象を見せてくれます。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは♪

ふんわりキラキラ、不思議で綺麗な風景ですね(*´∇`*)

何かを想像したりするのが楽しくなります♪

恒星が生まれるところは、神様の絵みたいです。

吉瀬 弥恵子 #- | URL
2015/07/09 22:25 | edit

吉瀬さん こんばんは

ここはガス雲が凝縮され、岩山みたいに見えますね、ミスティック・マウンテン
と呼ばれています。
これを含むカリーナ星雲は人間が求めてきた芸術を越えていますね。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/07/10 19:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/848-3893146c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター