Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

エクルンドのバロック・トランペット  

先日はニクラス・エクルンドのモダン・トランペットについても書きましたが今日はバロック・トランペット(ナチュラル・トランペット)の演奏です。代々トランペット奏者のお家で、この人は4代目だそうです。あのモーリス・アンドレも父親がアマチュアながらトランペットの上手い人だったそうで、親父の存在は大きいようです^^;

trum vo1

シリーズの第1集だけに、テレマン、モルター、ファッシュ、L.モーツァルト、トレッリなどお馴染みの曲が入っていますが、それだけ技量がわかります。1曲目のテレマンでツカミはばっちりですね^^
動画
Trumpet Concerto No 1 in D Major - Adagio
Trumpet Concerto No 1 in D Major - Allegro
※CDはもっと鮮明で美しい音です

安定した技術できわめて透明で美しい響き、トリルも見事です。モルターはわりと技巧的な曲です。モーツァルトの父レオポルトの協奏曲も簡潔ながら美しい曲で昔から好きですが、これも極めてすばらしい、高音の吹き始めが柔らかくフルートでも演奏しているように滑らかに曲が運びます。
また、バックのN-E.スパルブ指揮ドロットニングホルム・バロック・アンサンブルが高いセンス、気品にあふれた演奏で、古楽演奏の完成期を思わせます。こういう団体にこそ、数々レコーディングしてほしいですね。ソロ、オケ共に優れた名盤に間違いないでしょう。

PS.ドロットニングホルム・バロック・アンサンブルは既にたくさんのアルバムを出していましたね、BISレーベルが多いかな。
関連記事

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/87-e9778c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック