Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ハーゼフィヒテ  

弦楽器の響板に使われる松材の良材判定で、よくあるのが冬目が細かい(木目が詰まっている)のが良いと聞きます、またハーゼフィヒテ(木目方向とは違う方向に走る繊維が波打った杢)が入ったものが良い、とか;美観的に好まれるハーゼはこんな感じでしょうか、ランダムに入ってます→ヴァイオリンのハーゼ
これらは松材の密度が高く強度があり、楽器はひき締まった良い音になる、とか理屈はあるようですが、ハーゼはいっぱいあるけど、冬目が粗いってのはどう判断すりゃいいのか?^^;
また、長くストックされ枯れ込みが進んだ松材が良いとか、これは本当に良さそうですが、前述のような良材じゃなくても良い楽器はあります。

うちの楽器ではMさん作の7コースluteに木目とは垂直に波ムラがうっすら見えます。これもハーゼになるのかな?
7c.jpg
Mさんの前作よりは華やいだ音がしますが、これが材料のお陰かは断定できません;製作上もリニューアルしたと聞きましたし、

M.Oさん作の13コースluteは部分的に小さなハーゼがありますがこれは殆ど意味ないでしょう、ただ冬目は細かい、
13c_201508222346274a2.jpg
また木目と垂直に細かな波筋が見られます、これもギターをやってた頃、「こういうのが良い」と聞かされました、これも細かなハーゼみたいなものか?この楽器はうちでは最良品ですが、M.Oさんの技が一番の要素じゃないかと^^;

PS.ギターの響板で半分が松、半分が杉、というのがありました、どんな音がするのかな^^
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 4

コメント

ばんは。
ハーゼは天然の力木だから無いものより表面板を薄くできる、っていう製作家もいますねえ。
私の持ってる楽器の何台かには少し入ってますが、中でも鶴田さんの19世紀ギターはちょうどブリッジの部分に特大のハーゼが入っています。
blog-imgs-83.fc2.com/m/y/w/mywindow/beneditt150823.jpg

奇士 #nLnvUwLc | URL
2015/08/23 21:26 | edit

奇士さん こんばんは

これはハーゼといい、冬目といい、極上ものですねえ!
ブリッジにハーゼが来るよう、狙って切りだしたんでしょうね。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/08/23 22:19 | edit

お求めの動画あります!笑

不躾ながらではありますが、初めて書き込みします。

アンドレア・タッキさんの松と杉のギターの動画見つけました。
https://m.youtube.com/watch?v=fe9D-d53ndM
gsiには製作過程も動画がアップされてます。(松と杉のではないかも)
https://m.youtube.com/watch?v=9G5cad-pVms

和音好き #- | URL
2015/08/25 02:05 | edit

和音好きさん こんばんは

動画の紹介ありがとうございます。
製作過程は見ていて心地良いですね、こんなふうに楽器が作れるとし
たら、弾く時間がまったく無くてもよいと思えます。良い映像を見せて
もらいました。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/08/25 20:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/889-097c59b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター