Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

R.キング:ミヒャエル・ハイドン "レクイエム"  

そんなわけで、ミヒャエル・ハイドンのRequiem for Archbishop Siegmund(シグムント大司教のためのレクイエム)のCDを取り寄せました。白地に文字だけのジャケットがいい。
1枚ものと思いこんでいたら、コンパクト・ケースでMissa in honorem Sanctae Urelae を加えた2枚組でした。

m.haydn.req

演奏はロバート・キング指揮、キングス’コンソートに4人の独唱者。演奏のほうは申し分なく、録音も音質、バランスともに最良です。
古典派好きのはずの自分としては不覚にも目を向けてこなかった弟ハイドンの傑作です。古典派の好楽家にはとっくに有名な曲のようですね^^;M.ハイドンがわずか1歳の子を亡くした後に書かれたということもあって、特別な気持ちも入っていることと思います。作曲技法の手腕云々は全面に出ず、第1曲、Introitusからすっかり音楽に身を委ねたくなる。なかなか旋律美の作曲家でもありますね、兄ハイドンも宗教曲は弟のほうが上手だと言っていたそうで?

のちのモーツァルトのレクイエムに影響を与えたのは間違いないだろうと言われます。がモーツァルトは未完で亡なり、弟子の手に委ねられたため、突然曲のクウォリティが下がったり?つぎはぎ感を感じます・・演奏するならジュスマイアー版でよいと思うのですが、モーツァルトの手が入っていない楽章は削ったという版もあって、Benedictusなど良い曲なのに削られているのはまた物足りないです。M.ハイドンのほうは全曲本人によって完成されているので問題なく最後まで聴けます。おススメの作品。
どうしても商業的に売れる有名作曲家ばかり取り上げられますが、録音なり演奏会でこうした作品をもう少し取り上げてほしいですね。
関連記事

category: M.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/9-92df06f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック