Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

嫁いだ楽器Ⅱ  

手元を離れた楽器は多々ありますが^^;
写真が残っていると、つい懐かしくなります。
名古屋の名工、kanoさんに作ってもらった13コースリュート、出来たての頃。

13c kano

某ア○アluteはまるで使えないと経験済みの頃、最初に手にした信頼すべき楽器でした、響板は最上質のもので、加工も精巧、ちょっとやそっとじゃ壊れない頑強さもありました、ただナットが接着されていたのが正しくなかった、上から削って調整しました;音がいまひとつ、飛び出していかない感じでしたが、音質はC.ホフマン・タイプらしい魅力があり、このお陰で練習に精をだすことができました。
やがてmatuoさんのジャーマンテオルボが出来て、この楽器はご希望の方に嫁ぎました。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。
加納さんの楽器は壊れないのは魅力ですが、些か頑丈すぎのきらいも。
その分音が・・・

奇士 #nLnvUwLc | URL
2015/09/04 22:53 | edit

奇士さん こんばんは

事故がない、安全第一、で今も愛用される方もいるようです。
歴史的なガット弦を張ったらどうだったろう、と思ったりもしますが、
試さずじまいでした;

michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/04 23:25 | edit

リュートの種類。

クラシックギターにはトーレス、ハウザー、フレタ、アグアド・・・と代名詞的なモデルタイプがありますが、リュートにはそういったモデル、タイプはどういったものがあるのですか?さわりだけでも教えていただけたらと思います。
前の記事のブレーシングも大変興味深いです。ギターのブレーシングは結構見たことがありますが、なんだかリュートは補強したよって感じに見えて面白いですね。

和音好き #- | URL
2015/09/04 23:49 | edit

和音好きさん こんばんは

>モデル、タイプ
これについて、明日の話題にします^^
しばらくお待ちください。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/05 01:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/902-b046ac6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター