Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

リュートのモデル、タイプ  

現代のギターの名工はA.トーレス以後のモダン(スパニッシュ)タイプのギターをベースにそれぞれの特徴をもった優れた楽器を作り、製作家と楽器が一体でブランド化しているように思います。
一方、リュートは一旦歴史が途絶え、20世紀後半にいわゆる古楽器として復興した楽器で、初期の頃、優れた楽器が作れるのは、ニコ・ファン・デ・ヴァールス(オランダ)、ヤコブ・ファン・デ・ゲースト(スイス)、ホセ・ルビオ(イギリス)の3人だけだったと言われます、プロが使う楽器は大抵この人達でした。ただし彼らが作るのは、昔の名工達が作ったオリジナルの復元モデルで、その後も、製作家誰々が作った何々モデル、という状況は変わっていないようです。あえて言えば、製作家がブランドで、楽器は歴史的モデルとなります。優れた製作家はこの復元モデルに音楽的息吹も復元できる人となります。

そこで、昔の名工で特に今日よく作られるモデルはまず、ボローニャ派とされる、ラウクス・マーラー、ハンス・フライ等でしょうか、雫型のスリムなボディは形としても好まれるようですが、すっきりきめ細やかな音で魅了します。いずれもルネサンス期にボディは完成していて、良いボディはバロック期に入っても改修して使われ続けたようです。
matuo 11c

バロック期の楽器としては、クリスティアン・ホフマン、ヨアヒム・ティールケ等の楽器がよくコピーされますが、これらはマーラーやフライの雫型を継承しています。力木による補強はコースが増えたバロック期でも最小限で、ブリッジ付近を若干強化したバーリングに変えてある程度です。
c ホフマン

対象的なのがベニス派とされる、ティーフェンブルッカー一族、ヨアヒム・ヒーバー等で、ぐっと幅の広い響板が特徴、ボウルは奥行きを浅くしてあります。その点大型のテオルボにもよくある形で、音量豊かで表現力も懐深くなるようです。
中川祥治氏所有、ティーフェンブルッカー・モデル→正面側面

円と楕円
ボウルの奥行きの違い、左が雫型、右が幅広型

何々の復元モデルだ、と外形だけ立派に作っても意味はないわけで、本質のわかる製作家が作った楽器なら、何モデルであれ、魅力的なものになりますね。
新案の構造をもつ、新世代のリュートというのはまだ見たことがありません?
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 8

コメント

詳しいまとめすごいです!

早々に簡潔なご説明ありがとうございます。今家にあるのはモダンギターですが、ますますリュートに興味が出てきました。(親戚の家には古〜いのがあるらしいんですけど、調整がされてないらしく気持ちが先走るばかりで、、)
新世代のリュートはロードバイクみたいに総カーボン製のブラックとかになるかもしてませんね!
もっと入門の裾野が広がればいいななんて素直に思います。

和音好き #- | URL
2015/09/05 21:08 | edit

マーラーの楽器は Thomas Mace や E.G.Baron も高額で取り引きされてるって書いてますね。

>和音好きさん
<ボディがグラスファイバーのリュートは作られたことがありますね。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2015/09/05 21:26 | edit

和音好きさん こんばんは

楽器も弦も・・オール新素材、
新素材の専門家と楽器製作家が本気だしてやれば、出来ちゃうかもしれませんね。響板も繊維質素材の組み合わせで良い音の合成板ができたり、ボディやロゼッタは適切な樹脂材を型に流し込むだけとか^^リュートで成功すれば、あらゆる楽器にも波及しそうです。
開発費がかさんで高くなっちゃいけませんが;


michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/05 22:21 | edit

奇士さん こんばんは

良い音で使える新素材楽器が、プラモ感覚のキットで出てきたら・・
やがて本物の木で出来た楽器はマーラー並みに取引されるかも^^

エレキリュートだけは勘弁してほしいですね;

michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/05 22:26 | edit

あまり知られてませんが。。。

オリヴァー・ホルツェンブルクがヘンスラーバッハ全集で演奏しているリュート・フォルテという楽器をご存知ですか。昔、調べたことが有るのを思い出しました。
日本語のサイトもありました。
http://liuto-forte.com/welcome_jp.html

LUTE #xWZbQHpc | URL
2015/09/06 08:24 | edit

LUTEさん こんにちは

情報ありがとうございます。
まったく知りませんでしたね、これはじっくりサイトを見たうえで、
あらたに話題にしようと思います。

michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/06 10:37 | edit

奇士さん、
グラスファイバーはもうあるとのこと、すごいですね!リュートらしさはどんな感じに出てるのか是非聞いてみたいですね。

michealさん、
サクソフォンでは、本体がポリカーボネート、タンポがシリコンという音と操作性はイマイチだけど、コンディションはタフなものがあるそうです。エレキリュートも案外面白いかもしれませんよ笑

和音好き #- | URL
2015/09/06 14:15 | edit

和音好きさん

新素材楽器、ますます興味わきますね、これも次の話題に書こう
かと思います。おかげでネタが尽きません^^

michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/06 15:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/903-1ecdfd60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック