Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

J.ラモン&ターフェルムジーク・バロックO:ヘンデル 合奏協奏曲op.3  

今日は休みをとって歯医者へ行った、ちょうど台風18号が最接近した11:30頃、治療中だったが、予報どおり"急に"窓の外は大雨、しかし15分ほどで小やみになり、風も一時吹いたがすぐおさまってしまった;小台風の中心付近がかすめていったような、
空9 9

さて台風が過ぎたところで爽やかな音楽を・・^^
いつもながらターフェルムジーク・バロックOのヘンデルは良い。バッハやヴィヴァルディはまずまずだが、不思議とヘンデルでは彼らの演奏が冴えてくる、腕前はもちろん素晴らしいが、几帳面過ぎない屈託のなさ、即興感が功を奏するのだろうか、水上の音楽もそうだったが、群を抜くような優等生めいた感覚はない大らかさで、ごく当たり前に活き活きとして楽しい。
さらにSONYの鮮やかな録音が臨場感を出し、オーディオ的にも価値を高めている。

handel con gro

今日は合奏協奏曲でも特に好きな作品3の1~6、水上の音楽とは違い、技法を凝らされた器楽作品の傑作で、緻密な内容を持ちながらも、さらりと書かれたような快活な流れ、優美な趣きはさすがヘンデル。
冒頭のop.3-1は快活な楽章に始まり、弦の爽快さとオーボエの鮮やかさで引き付ける。一曲だけ短調のop.3-5がまた魅力。op.3-6ではリュートのK.ユングヘーネルが加わり、室内楽的な第二楽章を楽しませる、終楽章はオルガン・コンチェルトとなる。
関連記事

category: G.F.ヘンデル

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは♪

私も爽やかな音楽聴いてました!

台風の空も、写真で見ると神秘的で
綺麗ですね~

オルガンの音、大好きです(*´∇`*)

吉瀬 弥恵子 #- | URL
2015/09/10 17:41 | edit

吉瀬さん こんばんは

その台風が要因で今日には甚大な災害をもたらしましたね、
本当に驚いています。
情報に注意し、早めに適切な避難しましょう。

>オルガン
大オルガンより、室内オルガンが好きですね。
コレッリやヘンデルで通奏低音弾くような、

michael #xNtCea2Y | URL
2015/09/10 22:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/907-c93222fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック