Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ヘッドシェル  

レコードプレーヤーでちょっと厄介なのが、トーンアームの後ろに付いている針圧調整のためのウエイトです。意外に重量の許容範囲が狭い、カートリッジ+ヘッドシェルが3g重くなると、ウエイトの位置がかなり後方になる、

ウエイト

ちょっと重すぎるとウエイトのゼロバランスを超えてしまう;重量の大きい交換ウエイトもあるが、ちょっと高価だったりする;新しいカートリッジを買うときはその重量を調べておき、総重量を超えないようなヘッドシェルも用意が必要、高級シェルなんか大抵重いので、軽いシェルを選べば無難です。

シェル
写真はカートリッジが重かったので軽い10g程度のヘッドシェルに交換しました。
ATのAT33PTG/Ⅱは重いとわかっていた、シュアーのM44Gも結構重いんです;
関連記事

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/931-840b48e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター