Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

運指  

バロックリュートというのは;;何時まで経っても楽器に振り回されているといった感じ;
入念に作戦(運指)を練らないとまるで弾けません(笑)ちなみに指の記号は左手が人差し指から小指まで、1,2,3,4で、右手は親指から薬指まで、,,, です。 両手とも同じ数字を使うと混同しますからね;
まず左手の押弦は必要な音の保持をしながら、動きの前後関係が良く、ミスの起きにくい指使いを考えます、装飾音など素早いところは、動かし易い指を持ってくる、通常は不合理なようでも、ある目的を優先した指使いも考えます。
右手は|は主に低音、上の旋律は・,,で同じ指の連続使用を避け、上手い順繰りになるように決め、ときに|を使ったりします。弾くたびに指が替ってしまわないよう、ゆっくり動作を覚え込んでいきます。

S.L.ヴァイス L'infidele メヌエットより
tab1_201510280010489c1.jpg

一つ決めた運指も一長一短で、別の候補もあり、悩ましいです;
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/955-c612ef38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック