Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

F.ビオンディ:バッハ ヴァイオリン協奏曲ニ短調 BWV1052  

チェンバロ協奏曲第1番としてお馴染み、BWV1052といえば、バッハのコンチェルトの中でも最高傑作のひとつだが、原曲はvnソロの協奏曲と見て疑問の余地はない。残されているのは原曲のチェンバロへの編曲譜のみ、これまで多くのvn奏者が自ら復元を試み、演奏している。
いざ鍵盤編曲譜を見ると、どこまでが原曲の形で、どこまでが鍵盤的に書き直されたのか?本当に確信できる復元は難しそうだ、実際バッハ自身の編曲と原曲が残った曲でも、原曲を崩さずに移したところ、使用楽器らしく変えたところと様々だし^^;
BWV1052で明らかにvnの原曲どおり残したと思われるのはこの部分、
bwv1052 1st
まずA線の開放を弾きながら、同音異弦を響かせるところ、次はE線で出てくる、ここは引き付ける魅力で、バッハもあえて鍵盤的じゃないのを変更しなかったのではないか、今日チェンバロでの演奏もここは二段鍵盤の上段を活用して、同音異弦らしく響きを重ねて聴かせる方法(例:T.ピノック)もあり美しい、また同鍵上を左右の手を交互に使って弾く場合もある、これは切迫感があり、むしろvnの力強さに近い、後者の演奏例が多いようだ。

さて今日のビオンディのvnによる演奏は鍵盤的パッセージと思われる箇所を排除し、逆にvn的な要素を加えていて今までにない積極的な復元編曲が興味深い。復元が正しいかどうかより、音楽的に良い結果になることが大事かと。
bwv1052 biondi
ファビオ・ビオンディ:指揮、vn エウロパ・ガランテ
ビオンディは各楽章、快速なテンポで闊達に決め、バッハの曲がイタリアのヴィルトーゾに委ねられたようで、そこも面白い。
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/956-a91c4bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター