Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

よく効いたお薬  

昨日の朝、右手の小指から手首にかけて腱鞘炎で経験したような痛みがあり、それで目が覚めました、物を持つことすら辛かったです;こりゃ、整形外科に行って、しばらく楽器は休みか・・?と思いましたが、ひとまず、久光の「フェイタス」を貼って、鎮痛剤「ロキソニン」を1錠のんで様子をみました、

feytas.jpgloxo.jpg

半日も経たないうちに、アレっ?と思うほど気にならなく治まったようで、念のためフェイタスは3回貼りましたが、ロキソニンは不要です。
パソコンも治ったし、楽器もいつもどおりvできそう、ほっとしたところです^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

しばらく更新休みます←≪★復旧しました≫  

いつもご訪問ありがとうございます。
PC修復のため、しばらく更新を休ませていただきます。
復旧できました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 4

確定申告と甘酒  

昨夜は北西の風がなんだか台風以上に煩かったですが;
tennkizu.jpg気象庁

国税庁のHPで確定申告書の入力をしました、e-Taxは使わず、プリントアウトして送ります。
kakutei02.jpg
国税庁: 確定申告書等作成コーナー
住所の入力が何度かでてきますが、番地の英数字もすべて"全角"じゃないといけないところがありますね、しかし半角を入れてもエラーにならないし、気付きにくいです。

どうにか終えて一息、久しぶりに酒粕の甘酒を作りました。
近所のスーパーにたまたまあった銘柄をいろいろ試してみようと、昨夜は「㈱福井中央漬物」の酒粕を使った、
sakekasu.jpg
漬物メーカーから出ている芳香豊かな感じです、
撹拌しながら鍋で沸かし、適度に砂糖を入れました、
amazake2_20170221092741bed.jpg
まあ、普通の味でわるくないです^^沈殿してしまうので、レンゲで掬うと呑み易い。
しかし、一袋、全部甘酒にはできないので、あとは粕漬けにでも使う必要があります;

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

冷放射  

寒い夜、カーテンのないガラス窓の傍では、ひんやり寒いです、列車の窓側に座っても同様、これを冷放射とか冷輻射とか言いますが、本当に冷たい放射なんてあるのか?
SF漫画には「冷凍光線」なんてのがよくありました、あと照らした所が真っ暗になるライトとか、物理を無視している^^;温度の高い物体が赤外線を放射する、ならわかります、
小さな焚火でも手をかざせば暖かいが、小さな氷の塊に手をかざしても冷たくはない。

*絶対温度が零度ではない全ての物体は、M.プランクの法則により電磁波を放射している。
ということで、以下のように考えていますが、
人の体からは体温で赤外線が放射される、これで熱が逃げるが、屋外が暖かければガラス窓からも赤外線が入って来て、熱が補充され、両方に大差なければ寒くない、
hito a
屋外が寒い場合、少ないながら赤外線は入ってくるが、人体からの熱放射に対して少なすぎる、この補充の足りない差額分が体感的には外から冷たい放射があるかのように錯覚する、
hito b窓ガラスも冷たくなっている
これは放射冷却となら言える。晴れた冬の明け方は放射冷却があります、"冷放射"とは意味が違って、地上の熱が放射で上空に奪われて寒くなるので、正しい表現でしょう。
室内の壁や床は暖房で温まって赤外線を発しているが、電磁波を通すガラス窓は概ね屋外の温度が反映してくる。二重ガラスなら冷放射を防げるというのは、室内側のガラスが冷たくならず、いくらか赤外線を出しているからでしょう。
事実上「冷放射」というのはないが、マイナスの熱放射という意味ではあるかもしれない。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

小錦 vs 舞の海  

ふたたび相撲の話で番外編です、

初場所で取り上げた十両の宇良関で思い出したのが、当時最軽量の関取、舞の海、運命の悪戯か、同時代に史上最重量の小錦がいて幾度か対戦した。小錦といえば、あの横綱千代の富士でさえ、初対戦でなにもできず、一気に押し出されてしまったのを憶えている。小錦と舞の海の体重差は180kgだったそうで、いくらなんでも相撲にならないだろうと思えた;
koni vs mai
舞の海のウエストより小錦の太もものほうが大きい;
しかし舞の海は「銭のとれる(お客を呼べる)お相撲さん」と言われた技師、とても「相撲」には見えない駆け引きがある、貴重な動画が残っていて、それぞれ本人の証言とデーモン閣下の解説が面白いv
動画:デーモン閣下が大相撲の名勝負をキリトル
あの漫画「北斗の拳」を思い出してしまう、ケンシロウが何倍もある巨漢を軽く倒す、こんなの漫画の世界だけだと思ったが・・^^
宇良関もくれぐれも怪我をせず、舞の海2世といえるような活躍を見せてほしいものだ。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

加湿器と除湿機  

この2つの湿度計、ほぼ指示は一致しますが、かなり低いところになると正確な検知はできないようで、「とにかく低い」と見るしかないようです、
situdokei.jpg
暖房でよけいに湿度が下がる、こりゃあ、まずいと加湿器をかける、
kasituki.jpg
45%くらいでよいかなと思いますが、それでもタンクの水が早く減ります、こんなに部屋に水まいたのかと・・?壁材や木材、絨毯などが一旦吸収するのかも。暖房を止めた翌朝、湿度を見るといくらか残っているようです。
situdokei 2
加湿・乾燥を頻繁に繰り返しても楽器達には良くないかもしれないし、乾燥しすぎたときにちょっと補う程度にしています。

一方、風呂場ではお湯を抜いた後、除湿機をかけています、早めに乾かすとカビが生えにくいそうで、こちらは吸収した水がタンクに驚くほど溜ります、なんか、あっちとこっちでムダなことをしているような;家屋内の湿気をうまく使いまわせるといいんですが。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

ラート(Rhönrad)  

スポーツにはとんとウトいので、最近までこんなに見て面白い競技があるとはぜんぜん知らなかった、ドイツ発祥の器具を使った体操の一種のようで、ラート(Rhönrad)という、2つの大きな輪っかに間を開けた梯子があり、取っ手も付いている、パっと見、ハムスターの回転梯子みたいだが、元々は子供の遊び道具だったそうだ。
Rhönrad
参照→ wikipedia
転がるラートの中で体操競技を行うが、ラートを転がすのは選手の助走や体重移動、転がりと選手の動きのタイミングが微妙で、何と言っても、ラートの回転と選手自身の回転が合わさった動きが、惑星軌道と天動説の周転円みたいに複雑で面白い、フィニッシュでラートから高度な跳躍もするようだ、手順やタイミング誤ると大怪我しそう?;
001f2.jpg
動画:Gymwheel 2016
2輪を地につけた直転と、片輪だけ地につける斜転があるようだが、ほとんど横倒しに近い、たらい回し状態からパっと起きあがれるのが凄い、
004b_20170124115745b06.jpg
動画:World Championships in Gymwheel 2016 Lilia Lessel
重力と遠心力を巧みに操った技だと思うが、こういう感覚は自転車みたいに身に付くものなのか?まったく未知の世界だ;日本にも世界選手権に出る選手がいる。
005m.jpg
動画:World Championships in Gymwheel 2016 Miho Tsukioka

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

大相撲初場所 千秋楽 ≪追記あり≫  

いつの間にか発足していた、「稀勢の里を横綱にする会」の会長、北の富士勝昭氏をさんざんヤキモキさせてきた稀勢の里がついに、"綱"を確実にした。
千秋楽結びの一番は白鵬が鋭い踏み込みで一気に攻め込もうとしたが、稀勢の里は残して、すくい投げで白鵬を降した、稀勢の里は攻め込まれてなお冷静、十分に残せたようで、白鵬のほうが必死に見えた、短いが切れ味のある一番だった。
kise haku 05
白鵬は体を預けるような、がぶり気味の寄りで決めようとした、
しかし稀勢の里の両膝は伸びておらず十分残せる形、

kise haku 06
稀勢の里は周り込んで、すくい投げを決める、
動画:2017年初場所 千秋楽 白鵬vs稀勢の里
インタビューの受け答えも控えめで落ち着き、懐かしい気がした。
これで横綱審議委員会で異を唱える人はないだろう。

ところで、横綱の土俵入りの型には「雲龍型」「不知火型」があり、現在は白鵬と日馬富士が不知火型、鶴竜が雲龍型である、土俵上で、せり上がるときに、不知火型は両手を伸ばすのが特徴、雲龍型は左手を胸の位置にもってくる、また綱の後ろでの絞め方も違う(画像参照)
siranui unryu
さて、稀勢の里の所属する田子の浦部屋は二所ノ関一門で、この一門の横綱は不知火型を選ぶそうだが、絶対ではないようだ、あの大鵬(二所ノ関部屋)も雲龍型だった。
ちょっと気が早いが稀勢の里には雲龍型が似合いそうに思う。
今年の名古屋場所を観に行く楽しみが増えた^^

追記:稀勢の里の土俵入りは「雲龍型」に決めたそうですね、予感どおりv(1/24)
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

大相撲初場所14日目  

昨日の続きです;micha
大関稀勢の里は今場所、実力ありながら長く"貯蓄"してあった"運"が一気に下りてきたみたいな・・?大関昇進から31場所目での初優勝は、昭和以降1位のスロー記録だそうで;
まず、前半で取り溢しがなかったのが効いているけど、上位陣が続々休場し、あとは白鵬との決戦のみ、と思いきや、白鵬が貴ノ岩に敗れ3敗となって、稀勢の里の初優勝が14日目に転がり込んだ。キーマンだった豪栄道は白鵬にも当らなかったので、この点平等だろう。
稀勢の里の"綱取り"については先場所が横綱3人を倒して準優勝、さらに年間最多勝の実績、そして今場所優勝、ここまでで十分ではなかろうか。今日千秋楽の結びは勝ち負けよりも、両者にふさわしい一番を見せればなお良いというくらいで。
kisenosato itinojo
動画: 14日目 稀勢の里vs逸ノ城,白鵬vs貴ノ岩

ところで、昨日話題にした十両力士の宇良ですが、今までも見たことない技が目白押しです、
背中で相撲を取ってる?
動画:

2日目 宇良vs.青狼『首捻り』
3日目 宇良vs.東龍『引っ掛け』
11日目 宇良vs 山口 独特の低い姿勢で前へ圧す『押し出し』
14日目 宇良vs 佐田の海『肩すかし』に近い『すくい投げ』
その他 "宇良技"
izori.jpg
「い反り」の形
レスリング選手の経験がとっさに出るようで、相手力士も困惑するみたいです。11勝目をあげ好成績、来場所、幕内に上ってくるのが楽しみ。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

大相撲初場所13日目  

またちょっと相撲の話です、

昭和30年以後、記録を取り始めてから誰も使ったことがない決まり手が出た、「たすき反り」 と言うそうで、まさか、と思えるような手、やったのは、十両3枚目の宇良、敗れたのは天風で、意図的ではなくとっさに出る決まり手で、イナバウアー的反り返りで、裏返し態勢で投げを打つみたいな?・・これは動画を見るほかない;
tasukisori.jpg

動画→十三日目 珍手「たすき反り」決まる! 宇良vs天風
ちゃんと「決まり手」が用意されていて、すぐ適用するのが凄いです、宇良は元々、柔軟な離れ技?を使う力士で話題、幕内に上ってくるとすごく面白そう。

春の嵐というか、初場所はやたら予想外の事態のようです。上位陣、全員揃って始まったのに、日馬富士、鶴竜と横綱2人、ほか途中休場が目立ち、出場している上位陣も大関2人が負け越し、実力健在なのは稀勢の里と白鵬だけで、昇り調子の若手の健闘ぶりが目立つ。優勝の鍵を握る大関豪栄道も昨日から休場、対戦予定だった稀勢の里は不戦勝のおまけ付きで、気味悪いほど初優勝に追い風が吹いている。これで逃しちゃいけませんね;

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 4

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧