Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

「ダークバリオン」発見か  

宇宙を占めるのは95%がダークエネルギーとダークマターで、残り5%が天体やガスなど我々が検知できる"はず"の通常物質である、これらを「バリオン」と呼ぶが、実際に観測されるバリオンはこの5%を満たしていないかった、この不足する不明の量をダークバリオン、あるいはミッシングマターと呼んでいる。 
ordinary matter
宇宙に存在する物質やエネルギーの割合(上)と、バリオンの内訳(下)銀河や銀河団として存在するバリオンは計2割ほどで、低温の銀河間ガスが28%、中間的な温度の銀河間ガスが15%となっている。残り約40%のバリオンは高温の銀河間ガスとして存在していると考えられるが、これまで見つかっていなかった。(資料:ESA)
5月14日にこの件について書いたばかりだが、
ダークバリオン
この一部を見つけたと思われるニュースがあった。

そもそも宇宙のどのあたりを探せばよいのか、物質ならば重力に引き寄せられるはずで、銀河を囲むハローの領域が候補だったが見つからなかった。
宇宙の物質が集まる立体の網目構造の要(交差部分)には物質が多く銀河が集まっているが、それらが繋がるフィラメントの部分にバリオンが見つかった、ここは物質が極めて希薄で観測は難しかったが、存在場所としてはあるべき所と言えるだろう。宇宙全体から見れば網目の交差部分というのは限られた場所になる。
cover.jpg
宇宙大規模構造
伊・国立天体物理学研究所のFabrizio Nicastro氏らは、ESAのX線観測衛星「XMMニュートン」を使って、40億光年の距離にあるクエーサー(活動銀河)を18日間にわたり観測した。
X線で観測すれば、消えたバリオンの正体と考えられている温度100万K以上の銀河間ガス(中高温銀河間物質:WHIM)を検出できる。遠方のクエーサーから出たX線を手前のWHIMが遮ってできる吸収線スペクトルを見つけるという方法、
Dhot_intergalactic_medium 02
(資料:Illustrations and composition: ESA / ATG medialab; data: ESA / XMMニュートン / F. Nicastro et al. 2018; cosmological simulation: R. Cen)
拡大
結果、地球とクエーサーの間で距離の異なる2か所にWHIMがあり、そこに含まれる酸素の吸収線を見つけることに成功、これは酸素を含む大量の物質が予想通りの量で存在することを示しており、これでついにバリオン量の理論と観測のギャップを埋めることができた、とのこと。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

R.ヤーコプス:Mozart Sym No.41 "Jupiter"  

クラシックを聴くようになって、演奏も時代とともに変わってきた、'60年代~'70年代は伝統的なクラシックお決まりの作法があり、いつの時代の曲であろうと性質は同じに聴こえた、'80年代始め頃から、古楽演奏家の活躍が目立ちはじめ、熱心な研究家達でもあった。 
好きな曲は大きく変わらないが、演奏は新しいものに惹かれる、
今日はR.ヤーコプスのモーツァルト「ジュピター」、
r j moz s 41
モーツァルト交響曲No.41ハ長調 K.551「ジュピター」
ルネ・ヤーコプス指揮、フライブルク・バロックO
2006年 harmonia mundi

第1楽章、快速で歯切れ良く始める、例によって強弱の巧みな操作によってダイナミズムの効果を上げている、モダンorchに対し音量幅の少なさの解決とともに、木管パートの細やかな表情を聴くことができる、総奏の中でも1本入ったflトラヴェルソが明瞭で彩り豊かに感じる、trpは輝かしい、第2主題に入るとテンポを緩め徐々に快速に戻す、
第2楽章、弱音器の弦ですっきりと始まり、緩叙楽章でも程よく緊張感を張り巡らす、現在はモダンorchでも行われるが、弦はノンヴィブラートにすることによって音が純粋になり、和音が鮮やかになる、[61]でたった1つ、vn1が f になっているのを印象的に聴かせる、
sc01 57
[67]の f からhornを鋭く奏でるのも初めて聴く効果。
sc02 66
メヌエットは3拍子が速めの1拍に収まる、K.ベームなどと比べると倍以上の速さかも?この速さでも典雅な雰囲気はあって自然である、トリオ[68]からの鋭さはこのテンポで効いてくる。
sc03 66
終楽章、ここは落ち着いたテンポで緻密に聴かせる、スコアを見ずとも、精緻に組み込まれた各パートが洩れなく聴こえてくる、清涼な流れと力感の対比が続く、[115]で p に下げ、徐々にcresc.するのが特に効果的、
sc04 115

これはyou tubeに挙がっていた、
r j moz s 41 you
you tube:Mozart / Symphony No. 41 in C major, K. 551 "Jupiter" (Jacobs)

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

オリオン大星雲は"衝突中"  

いつも見慣れているオリオン座の大星雲は中心部に「トラペジウム」という明るい巨星の集まりがあり、星雲全体を照らしだしている。
1 M42
HST撮影、中心部
星雲の中心部だから、大きな星も生まれるだろうと単純に考えていたが、よほど塵やガスが圧縮する出来事がないと生まれない、というのも確かだと思う、星雲全体を見ても、部分的に圧縮が起きている様子に見える、
2 M42 C F
立体データを元に作成された横の角度から見たCG画像
トラペジウムは地球から見て、概ね星雲の手前にあり、星雲は恒星の光の圧力に押されてお椀の底のように凹んでいる。

名古屋大学の福井康雄氏らはオリオン大星雲を取り巻く、分子雲の可視光では見えない奥まで見透した電波観測データを詳細に解析した結果、移動速度の異なる2つの分子雲が重なった状態にあり、1つの大星雲に見えていることを突き止めた、
(*以下の資料:名古屋大学)
3 ori
もやもやしてわかり辛い分子雲にはっきり衝突の跡らしい形が現われているのも興味深い、
4 ori
上画像の左の青で示した分子雲は我々から秒速9kmで遠ざかっているが、右の赤表示の分子雲は秒速14kmで離れている、右の分子雲が追いついて衝突しているところらしい、右の分子雲が突き抜けた「鍵雲」と名付けた突起した部分が左の分子雲を通り抜け「鍵穴」を残していて、形状も一致する、など衝突の痕跡が見られる。
*赤表示の分子雲を黄色の線で表し、青表示の分子雲に重ねたのが下の画像、
5 ori
シミュレーションによると2つの分子雲は10万年前に約7km/sの速度で衝突し、急激な圧縮で巨星が作られたと考えられ、トラペジウムの星たちの年齢と一致するそうだ、
(*10万年前:人類は旧石器時代)
6 ori
シミュレーション画像
7 kagigumo
小規模なスターバーストと言えるかもしれない、衝突は現在も続いており、新たな星が作られていく見込み。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 2

A.フィッシャー:Haydn sym No.94 "Surprise"  

楽しみなCDが届いた、現在入手しにくくなっているA.フィッシャー、再録音のハイドンSymで、タイミング良く中古盤が出ていた、「オックスフォード」と「驚愕」のカップリング。
これを最初に聴いて、ハイドンとフィッシャーの策に見事嵌められてしまった^^;
これは聴き方として、"得"をしたのだろうか、
a f you
「オックスフォード」を心地よく聴いて、次の「驚愕」が始まったあたりで眠気がさし、半分ウトウトしていた、
第2楽章お馴染みのテーマが始まり、反復の[9]から無音部分か?と思うほど pppp になる、
あれっと思わせ、[16]で前代未聞の f f f が爆裂!
sc02 01
ダイナミックレンジが幅広く設定してあり、ボリュームは上げぎみになるが、ここに合わせてある^^;これで目が覚めないなら死んでいる。
このびっくり箇所はいろんな指揮者が策を弄するが、フィッシャーは原点に返り、正攻法で来た、ある意味逆転の発想、
しっかり目が覚めて、第1楽章から聴きなおした。
a f hay s 94
交響曲第94番ト長調「驚愕」Hob.1-94
アダム・フィッシャー指揮、ハイドン・フィルハーモニー
2004年 mDG
  HMV & BOOKS
今や古典派演奏にはモダンorch.でも金管は輝きのあるナチュラル管を使い、timpも古楽器タイプを使うのが効果的ですっかり普及したようだ、
第1楽章、序奏はさらりと行く、主部は速すぎず快活、timpは打ち上げ花火のようにどっしり、trpの響きも明快、[31]から印の音に前打音を軽く付けている、お洒落というかお茶目というか、楽しい、
sc01 29
強弱法もツボを押さえ心地よい、[66]の第2主題に入るところでテンポを落とし、[74]の f にかけて戻していく速度操作も上手い、展開部以降もセンスよく引き締めていく。
第2楽章、始まりからppで前述のとおり、びっくりは爆弾だ、これの余波も置き、楽章全体の質感が完成度高く整う、[107]の裏拍に弦の重音が入るところも引きずらないのが良い。
sc02 104
メヌエットもきっぱりとして弾むようなリズム、心地よい聴かせ方というのをさすが心得ている、トリオでは弦を1人ずつにして、室内楽的、これは全集録音でもやっていたかな。
終楽章、あまり軽快に急がず、足場のしっかりした感覚で構築感をよく聴かせる。
期待に十分過ぎるほど応えてくれたv
you tubeには挙がっていなかったが、これは銭を払って聴く価値がある。
「オックスフォード」はあらためて。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

嫌いじゃない「名曲」  

以前、好きじゃない「名曲」ってのを書いたが、今日は反対;これらも誰もが耳にする曲、
どうが違うのか、と聞かれても説明できない、「好きに理由はない」わけで^^ 

ベートーヴェン「エリーゼのために」
イ短調のロンド形式(A B A C A)で書かれた小品だが、ロンド・テーマはすっかりお馴染み、Bでの活力、Cでの情熱が短いながらベートーヴェンの聴きどころがある。
be e you
you tube:Fur Elise (Piano version)

バッハ 管弦楽組曲No.3の「アリア」も曲自体は好きなので、演奏しだいとなる、
バスラインの跳躍した動きが懐深く良いところ、そもそもこれがバロック(通奏低音の音楽)の醍醐味である、
bach air
ギター編曲でもよく弾かれるが、パートの省略やバスラインのoct.上げは避けられず、物足りなかったが、G.セルシェルは11弦ギターを活かして完全にとは行かないが必要なパートを拾い上げ、バスラインも損なわずにソロにしている、
sll bach air you
you tube:Bach Air - Goran Sollscher

スメタナの交響詩「モルダウ」も案外好きな曲だ、幾分渋さを持ったお馴染みのテーマ旋律がいい、ブラームスの複雑な管弦楽曲に対し聴きやすい書法だが、このオーケストレーションの華やかさもわるくない。
動画はクーベリック指揮、ボストン響で、
kub sme mo
you tube:Smetana, Ma Vlast,,Die Moldau, sarka,,Kubelik

今回の真打ちは、ドヴォルザークのスラヴ舞曲第10番ホ短調、気品と憂いを帯びた美しさ、
こういう曲を書いたらドヴォルザークは天才、
手元にあるカラヤン指揮 BPO、1959-1965年の録音が気に入っている、ブラームスのハンガリー舞曲と適度に抜粋してカップリングされている。厚い響きにD.グラモフォン・サウンドが程よい渋みで味わい深い、この曲は思い切り、しみじみとやってもらっていい^^
ka dvo s d you
you tube:Dvorak Slavonic Dance Op.72/2 Karajan
同盤よりブラームス、ハンガリー舞曲No.1の動画も1つ
kara dvo s d
you tube:Brahms : Ungarische Tanze Nr. 1 g-moll

スラヴ舞曲全曲はA.ドラティの動画で聴ける。
do dvo s d you
you tube:Antonin Dvorak - Slavonic Dances
面白い曲が多い、

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

R.ヤーコプス:Haydn Sym No.92 "Oxford"  

歳をとると気が短くなるせいか、テンポ速めで小ざっぱりした演奏が好きになってくる^^;
大筋がわかっている曲ほどそんな演奏が良かったりする; 
ハイドンの「オックスフォード」、近年ではT.ファイの新鮮味溢れる演奏に引き付けられた、また'70年代のA.ドラティの全集に入ったのも良かった。
今日は楽しみだった、R.ヤーコプス指揮の「オックスフォード」、
r jac hay s 92
交響曲No.92 ト長調「オックスフォード」
ルネ・ヤーコプス指揮、フライブルク・バロックO
harmonia mundi 2004年

第1楽章、序奏はppで密やかに、透明な響き、主部の始まり[21]は属七の p だがやはり pp くらいに押さえ、次への期待となる、[25]の f で主和音がドンと、timpのG音に乗り、花火の打ち上げのようなパンチだ、各パートが賑々しく楽章を彩る、
sc01 21
vcとbasパートが分けられている
強弱法の準備的使い方も効いている、展開部は緻密で無駄のない聴きどころ、vn1と2を左右に配置しているのも効果がある、後半も反復し、この楽章は満足。
第2楽章、自筆総譜の上にAdagioとあり、vnパートの上に"Cantabile"と記されているので、そのように演奏すべきだが、
sc02 01
個人的にはあまり"しみじみ"としないほうが良い、ヤーコプスは程よいところだろうか、
[40]からニ短調で f だがここも"Staccato"と明記されている、しっかり切り立てて演奏する、
ここも匙加減だが、極端でないほうが好みだ、(因みにA.ドラティなどは匙加減が良い)
メヌエットはアウフタクトに溜めを入れたり、表情に応じた速度変化をつけて面白い、しばしばソロで扱われるflトラヴェルソが華を添え、よく聴ける。
終楽章は、第1楽章と同様の充実した内容、とても快速に切れ味良く合奏を決める、今まで聴いたことのない速度変化の妙技もみごとに嵌っている、この楽章も後半反復で満足。

さて、当盤もyou tubeにはないが、
I.ボルトン指揮、デンマーク放送交響楽団が期待どおりの演奏、
i b hay s 92 you
you tube:Joseph Haydn 1732-1809 - Symfoni 92 (Oxford) - DRSO - Ivor Bolton

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 2

カラヤン:Mozart Sym No.36 "Linz"('71)  

21世紀には古典派に相応しい演奏というのが定着したようで、先日のA.フィッシャーもその優れた一人だと思う。もちろん過去にも作品の美質を捉えた良い演奏はあったが、今はこういう演奏、まずないだろう、というのも多々ある;
ふと取り出したのが、カラヤンとBPOが1971年、EMIに録音したモーツァルトSym集で、No.35 36 38 39 40 41の二枚組、そこからNo.36「リンツ」を聴いた。 
kara moz s 36
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニーO
1971年 EMI

D.グラモフォンの中域が太く音が塊ぎみのバランスより、EMI盤のほうが爽快で聴きやすい、が、BPOの大編成な響きは同じだ、
第1楽章、序奏から弦楽のたっぷり厚い響き、主部はやや快速、レガートタッチが貫かれ、音の泉が湧き出す、[43]などスタッカートな性格であろうところも力感を付けながらしなやかに繋いでいる、
sc01 39
雄大に聴こえる良さもあるが、きりっとしたアインザッツは聴かれない。f に入ったところはボリューム感たっぷり。
第2楽章はPoco adagioとして普通くらいか、trpやtimpは控えめでカンタービレな穏やかさでまとめ、レガートな弦楽が主体、flやclがないので元々木管の響きは地味だが、管楽器はやや引っ込みがちだ。
メヌエット、これまたかなりゆっくりな演奏でスタッカートに聴かせる部分はない、大編成ながら、きめの整ったBPOの弦楽は味わいどころと思うが、これはこれで他では聴けない魅力かもしれない。
終楽章、presto、わりと快速、全楽章でここが一番魅力か、内声弦の[46]からのトレモロがぐっと押し出し、パワフルな活気がある、
sc04 41
終結部でぐっとテンションを上げて終わるのも痛快。

「リンツ」はyou tubeになかったので、参考に「ハフナー」を挙げる、演奏の傾向は同じく、速めでレガート、厚い響き、といったところ。
karajan moz 36 you
you tube:Symphony No. 35 - Wolfgang Amadeus Mozart, Herbert von Karajan

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

惑星系誕生の現場  

これまで、アルマ望遠鏡が捉えた太陽系のような惑星系が生まれようとしている、原始惑星系円盤について何度か取り上げた、この現場を見るには極めて高い解像度を要するが、アルマ望遠鏡は多数の電波望遠鏡をシンクロさせ、超大口径の望遠鏡に匹敵する解像度が得られ、人の視力に置き換えると"2000"に相当する(100km先の1cmが見分けられるレベル)
aca.jpg
アルマ望遠鏡
台湾・中央研究院天文及天文物理研究所および米・アリゾナ大学のRuobing Dong氏らは、おうし座の方向500光年にある原始星「MWC 758」をアルマ望遠鏡で観測した、この画像は今まで原始惑星系の謎だった部分を解明する姿を見せているそうだ。
MWC758 alma 01
MWC 758 明るい部分は惑星となる塵が多く集まったところ

MWC 758は地球から見てちょうど極方向から眺める角度で、傾きなく観測できる。
ほぼ中央に原始星がありその周囲が暗い穴のように見える、この暗い部分の説明として、原始星の光による圧力で周囲のガスや塵が吹き払われたため、という説があったが、その場合、原始星を中心に偏りなく、ほぼ均等な円になるはずだ、
MWC758 alma 02
しかしこのMWC758では暗い穴は楕円で原始星は中心からずれている、
これはケプラーの第一法則そのものに見えている、原始星の光ではなく、周囲を回る惑星か惑星になりつつある塵の集団の重力によるものと考えられる、
5341-11-1.jpg
ケプラーの第一法則:楕円軌道で廻る惑星の一定時間の動きによる面積は①、②、③とも同じになる

また、MWC 758は赤外線観測で渦巻き銀河に似た渦巻腕が発見されていたが、
MWC758 VLT
ESO VLTによる赤外線画像
赤外線観測だけでは本当に渦巻腕があるのか、円盤構造の影で渦巻きに見えているだけなのか明らかでなかったところ、今回のアルマ望遠鏡でもその1本が観測され、電波による観測で塵の密集した渦巻腕が実在することがわかった。この渦巻腕は惑星の重力が作り出す「密度波」によって生じると考えられるそうだ。
mitudoha.jpg
密度波:波の"密"のところに腕ができる
密度波と言えば過去に書いた銀河の渦巻腕のでき方と同じ理論か?
銀河渦巻きの謎
   *  *  *  *  *  *

PS.昨日撮ったツバメ、たぶん親鳥? 嘴の色が確認し辛い;
6 30 01 b

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

A.フィッシャー:Mozart sym No.36 "Linz"  

演奏者と聴き手個人のウマが合う、っていうのはよくあるようで、聴けばまず期待どおりの演奏なのが推察できる。 
アダム・フィッシャーはハイドンの交響曲全集録音を1987年から2001年(38歳~52歳)にかけて成し遂げ、その間にも演奏には進歩があった、
20120914190831366_20180630201046139.jpga f hay sym all
その意味でこの全集は興味深いが、もっと期待するのはその後の録音だ。再録音のハイドンは買い損ねたが、またそのうち出るだろう; PS.1枚出品されていたv

フィッシャーのモーツァルトも大いに期待して取り寄せた、まずはデンマーク国立室内Oを指揮した、No.36「リンツ」から、
(*モーツァルトが4日間で書いたと伝わる、もしそうなら、リンツに到着してから演奏までの日数からして、1日でパート譜作りと演奏リハーサルをやったことになる、対位法など込み入った書法は少ないので、速筆的な曲かもしれないが?)
a f moz s 36
モーツァルト交響曲No.36ハ長調「リンツ」K.425
アダム・フィッシャー指揮、デンマーク国立室内O
2012年 DACAPO

一応SACDだがうちのCDデッキは対応していない;それに関係なく鮮明な好録音だ、
第1楽章、助奏から切れ味があり、ピリオド奏法が響く、主部はやや快速、全音符のゆったりした主題に始まり、[30]からのfに瞬発力があり威勢が良い、
2018063009444288d_2018070110250229f.jpg
しかし強弱法の設定は細かく、上品にまとめる、
展開部は[123~158]と短く複雑な書法はない、再現部も型どおりで後半の反復記号はない。
第2楽章、poco adagioも速めで節目を付けながらの演奏に爽快さがある、モーツァルトでは異例の緩叙楽章でのtrp、timpの使用があるが、そこではしっかり f の強奏を響かせる、展開部で効果的なcrsc.の表現がありシンフォニック、それでいて優美な雰囲気も十分。
メヌエットはあまり急がず、テーマはアウフタクトに溜めをつけ、しなやかに初め、[4]からくっきりしたスタッカートで締める、
sc03 01
しなやかさと切れ味の対比で優雅に聴かせる。
終楽章、わりと速めで軽快な始まりだが、f にぎっしりエネルギーを込める、弦楽の涼やかな弱奏に、timpを伴う瞬発力を持った響きが効いて、デンマーク国立室内Oの合奏は美しく決める、全楽章で最も聴き応えがある。

フィッシャーの「リンツ」の動画はなかったが「フィガロの結婚」序曲を挙げる、
f のところ、"拳法"みたいな指揮振りに驚くが・・楽しい^^
a f moz you 02
you tube:Mozart - Ouverture til Figaros bryllup - DRUO - Adam Fischer
   *  *  *  *  *  *

今朝も燕の声がして、思わず見に出てしまった、これは6月23日の写真、DSCF0491.jpg
尾羽の右が短い、昨日と同じ燕かも?

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

R.ヤーコプス:Mozart Sym No.39  

昨日あたりから、急に湿気の高さにまいっている;; 
九州、山陰にかけて強い雨雲、前線の南に入った嫌な天気だ;
kisyocho_201806290919475be.jpg
気象庁
今朝も燕を撮った、尾羽が片方短いので昨日の燕かな?
6 29 01 b
6 29 02 b
     *  *  *  *  *  *

さて、モーツァルトの交響曲で、個人的には一番好きなNo.39をR.ヤーコプス指揮、フライグルク・バロックOで聴いた。
freib_ork.jpg
この録音も隅々までくっきり見渡せるように鮮明、モーツァルト時代の演奏が目の前にあるかのように思える。
r j moz s 39
モーツァルト 交響曲No.39 変ホ長調 K.543
ルネ・ヤーコプス指揮、フライブルク・バロックO
2008年 harmonia mundi

第1楽章、助奏は付点リズムを強調し活気がある、主部は快速、歌う主題滑らかに始まり、[83]からのように弱奏に押さえたうえでcresc.を行うなど、効果的な強弱法を随所で緻密に設定して引き付ける、
sc01_20180629085211762.jpg
木管や弱奏で打つtimpも合奏に埋もれず明確に分離して聴こえ、常に見渡しよい響きが心地よい。展開部はそう長くないが、再現部に充実感がある、強弱対比を上手く用い切れ味良く魅力を引き出す。
第2楽章、変イ長調で弦楽のしんなり涼やかな響き、ppくらいまで弱奏を使い奥行きをつける、[28]でヘ短調にかわり[30]から2本のhornを鋭く鳴らすのが劇的で魅力、
sc02_20180629085212d2f.jpg
メヌエット、速いテンポをとるがスケルツォの雰囲気ではない優雅さがある、木管の刻むリズムが前に出て心地よい、clが中心のトリオはゆっくりならレントラー風になるが、ここは快速のままで行く。
終楽章、あまり快速にせず、がっちり踏みしめるような力感をつける、この楽章はそれが魅力、強弱法の効果も十分。
r j moz s 39 you
you tube:JACOBS\FREIBURG plays MOZART: Sinfonie Nr 39

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック